これまでメジャースケール、マイナースケールの鍵盤上の並びや五線譜に書いたときにどのようになるかを説明してきました。

まだ読んでいない人はこのカテゴリーを上から順番に読んでいくと理解しやすいと思います。

関連カテゴリー:音楽理論の基礎

今回は鍵盤上の並びをシェアしているスケール(平行調)のことと、お互いのスケールとの関係性についてお話ししていきます。

平行調とは

メジャースケールのC MajorスケールとA Minorスケールは構成音は同じだけれど、ルート音(スケールを始めるときの最初の音)が違うだけと申し上げました。

C MajorスケールとA Minorスケールは構成音が同じであることから、これらのスケールは「平行調」と呼ばれます。

それぞれのキーでの平行調を書き出すとこのようになります。

調号メジャースケールマイナースケール
0C MajorA Minor
1#G MajorE Minor
2#D MajorB Minor
3#A MajorF# Minor
4#E MajorC# Minor
5#B MajorG# Minor
6#F# MajorD# Minor
7#C# MajorA# Minor
1♭F MajorD Minor
2♭B♭ MajorG Minor
3♭E♭ MajorC Minor
4♭A♭ MajorF Minor
5♭D♭ MajorB♭ Minor
6♭G♭ MajorE♭ Minor
7♭C♭ MajorA♭ Minor

この表の問題としては、どのスケールにどの調号(♯や♭)がつくかが一目では分かりにくいことだと思います。

ですから、次に説明するサークル・オブ・フィフス(Circle of Fifths)と呼ばれる音楽理論の説明で良く使われる図を見れば、それぞれのスケールと調号の関係性が見えてくるようになります。

サークル・オブ・フィフス(Circle of Fifths)とは

circleoffifths

サークル・オブ・フィフスとは下記の図のことを指します。日本語では五度圏と言います。

一番外の緑の枠は調号の数を表し、二番目の黄色の枠はメジャースケールを表し、三番目のオレンジの枠はメジャースケールと平行調であるマイナースケールを表します。例えば、図の一番上を見ると調号が一切つかないのはC Majorであり、同時にA Minorでもあるということが分かります。

円を右に回ると♯が増え、左に回ると♭が増える

C Majorスケールの右隣を見ると、G MajorとE Minorスケールがあります。これらのスケールには♯が1つ付きます。逆にC Majorスケールの左隣を見ると、F MajorとD Minorスケールがあります。これらのスケールには♭が1つ付きます。どういう意味かというと、サークル・オブ・フィフスの図を右に回っていけば♯の数が増えていき♭の数が減っていき、左に回っていけば♭の数が増えていき♯の数が減っていくことになります。

右隣に来る音は完全五度上の音

C Majorの右隣であるG MajorはC Majorに比べて「完全五度上」です。

cmajorfifth

完全五度上というのは、スケールをナンバリングしていったときに、5番目に来る音のことを指します。C Majorスケールをナンバリングしていったとしたら、5番目に来るのがGです。

ctog

ですから、ルート音Cに比べてGは完全五度上なのでGはCの右隣に来ます。

gmajorfifth

次に、G Majorスケールをナンバリングしていったとしたら、5番目に来るのがDです。

gtod

ルート音Gに比べてDは完全五度上なのでDはGの右隣に来ます。

このように各スケールで見ていったときに、5番目に来る音が丁度右隣に来るわけです。これを繰り返せば一周して最終的にCに戻ってきます。

左隣に来る音は完全四度上の音

では、次は左に回ってみましょう。

C Majorの左隣であるF MajorはC Majorに比べて「完全四度上」です。

cmajorfourth

完全四度上というのは、スケールをナンバリングしていったときに、4番目に来る音のことを指します。C Majorスケールをナンバリングしていったとしたら、4番目に来るのがFです。

ctof

ですから、ルート音Cに比べてFは完全四度上なのでFはCの左隣に来ます。

fmajorfourth

次に、F Majorスケールをナンバリングしていったとしたら、4番目に来るのがB♭です。

ftobflat

ですから、ルート音Fに比べてB♭は完全四度上なのでB♭はFの左隣に来ます。

このように各スケールで見ていったときに、4番目に来る音が丁度左隣に来るわけです。これを繰り返せば一周して最終的にCに戻ってきます。

完全五度上も完全四度上も実は半音7つ分

7stepsup

Cの右隣のGはCに比べて半音7つ分上にあります。

7stepsdown

Cの左隣のFはCに比べて半音7つ分下にあります。

ですから、「完全五度上」も「完全四度上」も実際は半音7つ分離れているだけと考えればさらに分かりやすいと思います。

異名同音(いめいどうおん)

サークル・オブ・フィフスの下の部分に当たるC♯/D♭、F♯/G♭、とC♭/Bメジャーは同じ音階を使いますが、五線譜に書くときにはそれぞれ二通りの書き方があります。これを異名同音と言います。英語ではEnharmonic Key(エンハーモニック・キー)と言います。

詳しくは下記の記事で解説しています。
関連記事:メジャースケールの音階の構成マイナースケールの音階の構成

まとめ

Cから見てFは完全四度上ですが、Fから見てCは完全五度上です。ですから、完全四度上や完全五度上という言葉にはあまり振り回されずに、それぞれのスケールを相対的な位置で考えた方が理解しやすいと思います。