リバーブを使うときは各トラックは同じ空間にいるように設定してください。

極端なお話ですが、もしドラムを「ホール・リバーブ」にして上ネタを「ルーム・リバーブ」に設定したりすると、ドラムはホールで鳴っているように聞こえるのに、上ネタは部屋で鳴っているように聞こえてしまいます。

こういう空間はリアルの世界ではあり得ないので、まるで異次元空間にいるような音になってしまいます。

ですから、各トラックのリバーブの設定は変えないようにしましょう。同じ設定だけれど、エフェクトをかける量を変えるということです。

センド・リターンを有効に使おう

各トラックのリバーブの設定を間違えないためにも、リバーブはインサート形式ではなく、なるべくセンド・リターン形式を使いましょう。

関連記事:エフェクトでインサートとセンド・リターンの違い

各トラックにかかるリバーブの深さ(量)はリバーブにセンドする量を適宜調整してください。

sends_01

こうすることで同じリバーブの設定を共有しながら、かかるエフェクトの深さを変えていくことができます。