ビートを制作したら、「プロジェクトファイル」と「使った音」と「ミックスダウンした音」をカタログとしてちゃんとフォルダに入れ、整理整頓しておくことがめちゃくちゃ大切だ。

まだミックスダウンしていないビートやMPCの中に入ったままのプロジェクトファイル、そういう中途半端な状態のビートはカタログのうちに入らない。

カタログというのは「production-ready」である必要がある。

つまり、今日突然大型レーベルの大物が「あんたのビートを1時間後までにこのメールアドレスに送ってくれ!明日うちからリリースしたいから。」とあなたに言ってきたら、

その人に1時間以内に送れて、なおかつ明日のリリースに載せても良いレベルのものを用意しておく必要がある。

間違っても「これデモ版なんで、明後日までに完成させます!」とか言っちゃダメだ。

もう頭の中からデモ版とか排除するように!

デモ版はゴミだと思え!常にproduction-readyなビートを完成させるんだよ。

というか、カタログに入っていないビートはそもそも存在しないものだと思え!

って話。

だから、心当たりがある人はすぐにでもボリュームのあるカタログ作りに励んで欲しい。

幸運は準備のできている人にしか訪れないからね。