今日はラップをマキシマイズかかっていないWAVファイルで作ると良いよというお話をしていきますね。

トラックはみなさんどこから手に入れますか?

YouTubeから音だけ抜いたり、トラックメイカーが提供するリンクからダウンロードすると思うんですが、

それってmp3ファイルの可能性があるんですね。

まず、音楽を録音するソフトに取り込む時に、WAVに変換したりすると思うのですが、

これはアップサンプリングと言って、mp3をWAVにしたところで音質はmp3のままなんですね。

だからmp3をWAVに形式変換したところで音質は全く良くならないというのがあります。

それに、YouTubeの視聴用音源やトラックメイカーがフリーで配布している音源っていうのは、

迫力を出すために、

「マキシマイズ(リミッターとも言う)」というエフェクトがかかっている場合はほとんどです。

マキシマイズがかかっていると、トラックの音圧がグンと上がっています。

だから、トラック自体はかっこよく聞こえるけれど、波形が大きすぎて、ラップを入れる余白がないんですね。

トラックの音量を小さくしたところで、波形が既に大きくなって潰れてしまっている(リミッターが効いているせいです)ので、ラップを入れるスペースがちゃんと確保できないわけです。

だからこそ、良い音質でラップを録音するためには、マキシマイズがかかっていない音源を使ってラップをすることが大切なんですね。

マキシマイズがかかっていない音源にラップを入れて、「先に」トラックとラップの音量バランスを調整して、その後にマキシマイズエフェクトをかけるという順番を守るのが大切なのです。

それをせずに、トラックをmp3からWAVに変換して、マキシマイズが既にかかっている音源に対してラップを入れてミックスをしたところで、

なんかラップがトラックに対して「合っていない」や「浮いている」や「音が割れ気味」等の現象が起きてくることがあります。

だからと言って、トラックメイカーはマキシマイズがかかっていない音源を(視聴用音源として迫力がないから)YouTubeではそのまま流さないことでしょう。

だからこそ、ラッパーなら、なるべく早くトラックメイカーと仲良くなって、WAVで、なおかつマキシマイズされていない音源をもらうか買うかして作った方が良いミックスができるんですね。

この記事が参考になれば幸いです。