自己啓発系の本をどんなに読んでも自分のビジネスに応用しなければ意味がありません。

一番の問題は多くの読者は本を書いた人がどんな手段でお金を稼いだかに着目する傾向があります。

Howに着目したところで、それをあなたの人生に当てはめるのがとても難しい話です。

なぜなら、そもそも人は持っているコネクションも違えば、やり方も違うからです。

成功した人の行動をそのまま真似たって二番煎じで終わります。

二番煎じである事の問題はオリジナリティーがないという事ではなく、パッションが感じられないのが一番の問題です。

パッションが感じられないそもそもの理由は「なぜあなたはそうしたのか」という考えが消費者に伝えられないからです。

消費者は商品やサービスを買うのではなく、あなたの事を買うわけですから、なぜあなたがそうしているのかというのが主張出来ない時点でパッションが見えなくなるわけです。

パッションが見えなかったら誰もあなたから買いません。

大切なのは、その人がなぜそうしたかなんですよ。

Whyに着目しあなたにビジネスに当てはめたら、あなたのやっている事に対して賛同してくれる人が現れます。

全ての原動力はWhyからやってきます。

「なぜ彼は曲をフリーダウンロードさせるマーケティング手法をとったのだろう」

「なぜ彼は●●な特典をつけたんだろう。」

「なぜ彼はこんな凄い情報を無料で流しているんだろう。」

こういう風に考える必要があるんです。

なぜの裏に成功が隠れている事を認識しましょう。