多くのトラックメイカーはフリーで自分の音源をダウンロードさせることについて躊躇します。

「誰かに曲を勝手に使われて、その人が知らないところで売れていたりしたらどうしよう」

「自分がクレジットされていなかったら困る」

「変なラップ乗せられたら、トラック自体の印象が悪くなるから嫌だ」

トラックメイカーからしてみたらこんな気持ちになることもあるでしょう。

しかし、結論を言ってしまうと、どれも心配無用です。

なぜなら、有料レベルのモノを無料で提供し続ければ、それを必要とする人達から感謝されるからです。

感謝されれば、あなたのことを覚えてもらうことに繋がるからです。

ビジネスではまずあなたのことを覚えてもらうことから始まります。

覚えてもらうことができなければ注目されることはあり得ません。

あなたの作品はあなたの作品に変わりがないので、そこを心配する必要はないのです。

何より、人に曲をパクられて売れてしまうのを心配してしまうことになり、自分が起こすべき行動を実行に移せなくなってしまう事が一番の問題です。

まだ起きてもいないことを今から心配するのは残念な考え方です。

そもそも誰かがあなたの曲を使ったら売れてしまうレベルのトラックを持っているのなら、逆にどんどん出していって、自分の事を知ってもらえば、業界人にすぐにスカウトされます。

そんなに自信があるトラックをあなたがもし持っているとしたら、自分のハードディスクに眠らせておくことほどもったいないことはありません。

人は縛れば縛るほど呪縛から逃れようとしますが、純粋に与え続ければ感謝となります。

自分のマインドセット一つで180度違う未来を作り出すことができるのです。

顧客リストを取得する事を忘れるな

フリーでダウンロードさせる事のメリットをお伝えしてきましたが、フリーでダウンロードさせるに当たって大切な事をお伝えします。

それは、名前とメールアドレスを取得する事です。

この情報はあなたの顧客リストを作るためのものです。

顧客リストを一番簡単に取得する方法をお伝えしますね。

それは、BandCampを使えば簡単に行えます。

まずはBandCampに曲をアップロードします。

次に、値段はName Your Priceに設定しますが、無料でダウンロードさせる場合はメールアドレスを入力させるように設定します。

それだけです。

こうする事により、あなたの曲がダウンロードされる度に、名前とメールアドレスを取得する事が出来るのです。

顧客リストはあなたの曲に興味を持っている見込み客です。

あなたが発信する情報はこのお客様に何回でもアプローチ出来るのです。

あなたの事を全く知らない人にアプローチするより断然効果的なのは言うまでもありません。

何故ならあなたの発信している情報に興味がある人達だからです。

さらに、顧客のメールアドレスを持つ事のメリットは、こちらからアプローチを掛ける事ができる事にあります。

顧客があなたのウェブサイトにアクセス出来ていない時も、こちらから情報を配信する事で、あなたの事を忘れないでいてくれるのです。