ウェブサイトを作ったら、パンくずリストは必ず作りましょう。

ウェブサイトに訪れる多くの人はトップページから来るわけではありません。検索結果から個別のページに辿りつく場合が大半だと思います。

このとき、パンくずリストをウェブサイトに設置していなければ、読者はお目当ての記事を読んだあとにすぐに離脱してしまいます。それはなぜかというと、読者はサイトの現在位置が分からないからです。

3層構造のウェブサイトの場合、トップページ、カテゴリーページ、記事ページという3つの層で出来上がっています。検索エンジンから記事ページに飛んできたときに、カテゴリーページの表示がなければ、この記事はどのカテゴリーに属しているものなのかも分かりません。

ここにパンくずリストをつけてあげると、読者はお目当ての記事に満足したらカテゴリーページの違う記事を読んでくれたり、トップページに飛んでくれたりするわけです。パンくずリストがあるのとないのでは、ユーザビリティ(ユーザーにとっての使いやすさ)が悪くなり、ページビューの伸びが悪くなったりもします。

パンくずリストの付け方

パンくずリストを付ける一番良い方法はプラグインを使うことです。おすすめはBreadcrumb NavXTというプラグインです。

インストールして有効化したら、パンくずリストを表示させたいところに下記のコードを張るだけです。

<div class="breadcrumbs">
    <?php if(function_exists('bcn_display'))
    {
        bcn_display();
    }?>
</div>

私はheader.phpとfooter.phpの両方にパンくずリストを張っています。これでサイト上のどのページにいようが、現在位置が分かるようになります。