サイトが作成されたら、アクセス解析のソフトウェアを導入しましょう。

アクセス解析ソフトウェアを入れることであなたのサイトへどのように流入しているのか、どのようなキーワードで検索されているのか、どのようなページが人気・不人気なのか、何ページくらい見られているのかというのが分かるようになります。

私は二つのアクセス解析ソフトウェアを導入しています。二つの別のソフトウェアを入れることでそれぞれのソフトウェアが得意としている解析情報を取得することができるようになります。

今回は二つのうちの一つ目のアクセス解析ソフトウェア、Google Analytics、の導入について話を進めます。

Google Analytics

Google Analyticsは言わずと知れたGoogle社のアクセス解析ソフトウェアです。決められたコードをWordPressのheader.phpというファイルに書き込むだけでアクセス解析してくれるというものです。

手動でファイルに書き込むのも良いですが、間違えて変なところにコードを書き込んでしまうと、正しく動作しなかったり、自分のアクセスもカウントしてしまうようになってしまいます。

ですから、私はプラグインを使ってインストールすることをおすすめします。今回使うプラグインの名前は「Google Analyticator」です。

Google Analyticatorのインストール方法

ga_01

1. PluginsからAdd Newをクリックし、「Google Analyticator」で検索します。

ga_02

2. Google Analyticatorを探して、Install Nowをクリックします。

ga_03

3. インストールが完了したら、Activate Pluginをクリックします。

ga_04

4. SettingsからGoogle Analyticsに行くと、このような画面が表示されます。まずは認証しないといけないということなので、Click Hereをクリックします。

5. このようなポップアップが表示されます。承認するをクリックしてください。

Googleアカウントにログインしていない場合はログインしてください。

ga_05

(Googleアカウントを持っていない場合は作成してください。Googleアカウントは持っているけれど、Google Analyticsのアカウントを持っていない場合は、ここを参考にしてまずはGoogle Analyticsのアカウントとプロパティを作成してください。)

ga_06

Google Analyticsのアカウントを既にお持ちの場合は、この時点でコードが表示されるのでコピーしてください。

ga_07

6. WordPressの画面に戻って、コードをペーストし、Save & Continueをクリックしてください。

7. Google Analyticatorの設定画面が表示されます。設定を完了させるにはAnalytics Accountの箇所で正しいプロパティを選択する必要があります。

ga_08

しかし、最初はプロパティ(アカウントの一つ下の階層のこと)を持っていないと思うのでプルダウンには表示されていないはずです。ですから、http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/に行って、Google Analyticsにログインしてください。

ga_21

8. Googleアカウントを持っていてもGoogle Analyticsのアカウントを作っていない場合はこのようなメッセージが表示されるはずなので、ここを参考にしてGoogle Analyticsのアカウントとプロパティを作成してください。

ga_09

9. Google Analyticsのページでプロパティのプルダウンをクリックして、「新しいプロパティを作成」をクリックしてください。

ga_10

10. ウェブサイト名、ウェブサイトのURL、レポートのタイムゾーンを適切に入力してください。終了したら、トラッキングIDを取得をクリックしてください。

11. トラッキングコードが表示されます。冒頭で話したように手動でコードをheader.phpというファイルに貼り付けたかったらこれを貼り付けてもいいです。

ga_11

しかし、今回はプラグインを使うのでこのトラッキングコードは使いません。

12. 管理画面に戻って、ページを更新すると先ほど作ったプロパティが表示されていますので、プルダウンメニューから選択してください。

ga_12

“Google Analytics logging is:”をEnabledにしてください。Tracking CodeはUniversal(analytics.js)にしましょう。

ga_13

13. “User roles not to track:”ではAdministratorにチェックを入れましょう。これをすることで、Google Analyticsはサイトにログインしている管理者がページを閲覧しても、それはカウントしません。

ga_14

14. その他の設定は特にいじらなくても良いと思いますが、変更したい箇所があれば適宜変更してください。

ga_15

この辺りも同じです。

ga_16

15. Save Changesをクリックしてください。

ga_17

16. “Google Analyticator settings saved.”と出て設定が保存されます。

これで完了です。アクセス解析をしたい場合はhttp://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/に行き、ログインすれば見れます。ただし、初期設定をしたあとは反映するまである程度時間がかかるので、最低でも1〜2日は待ってください。2日もすればカウントが正しく反映されるようになります。

Google Analyticsのアカウントを持っていない場合

ga_18

Google Analyticsのアカウントをお持ちでない方は、http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/にいき、このような画面が出るので申し込みをクリックしてください。

ga_19

アカウントとプロパティを埋めていき、

ga_20

トラッキングIDを取得をクリックします。トラッキングIDを取得した後は手順12から続けてください。場合によっては手順4からやり直さないといけないかも知れません。

まとめ

今回はGoogle AnalyticsをWordPressに導入する方法をご紹介しました。これをやっておくことで、サイトに訪れる人の属性が分かるようになります。アクセス解析の情報を自分なりに解読し、サイトの強いところをさらに強くする、または弱いところを補完することに役立ててください。