DAWには32bitと64bitバージョンがあります。

この違いを正しく理解するには、まずパソコンに搭載されているOSの種類を理解する必要があります。

パソコンのOSの種類

パソコンのOS(オペレーティングシステム)には「32bit OS」と「64bit OS」があります。

32bitも64bitも見た目や機能的には変わりません。

しかし、32bit OSは4GBのメモリ(RAM)までしか扱うことができないことに対して、64bit OSには4GBのメモリの制限がありません。

ですから、64bit OSではメモリを積めば積むほどパソコンが快適に動くのです。

インストール可能なDAWはOSの種類に依存する

32bit OS搭載のパソコンには32bitのDAWしかインストールができません。

逆に、64bit OS搭載のパソコンには32bitのDAWも64bitのDAWのどちらもインストールできます。

例えば、私の使っているソフトウェア、Ableton Liveではそもそもインストーラーがbit別に分かれています。

32bitインストーラーを使えば32bitバージョンのソフトウェアが、64bitインストーラーを使えば64bitバージョンのソフトウェアがインストールされます。

逆に、Propellerhead Reasonでは64bitしかありませんが、32bitで走らせるにはプロパティで”Open in 32bit”にチェックをいれることで32bitモードでアプリケーションを走らせることができます。

これらのことから、ソフトウェアによって対応方法が違います。

32bitと64bitのDAWの特徴

32bit OSにインストールする32bit DAW

32bitのOSはそもそも4GBまでしか扱えず、DAWはその中からOSが使うメモリ量を引いた分しか扱うことができません。実質使えるメモリは4GB未満となります。

64bit OSにインストールする32bit DAW

64bit OSだとしても4GBのメモリしか積んでいなければ上記の「32bit OSにインストールする32bit DAW」と同じ扱いになります。

しかし、パソコンに4GB以上のメモリが積んであり、なおかつOSが使うメモリ量を引いた分が4GB以上余っていれば、DAWは4GBのメモリをフルで扱うことができます。

そのため、64bit OSに32bit DAWを入れて使うとしても、パソコンに4GB以上のメモリを積むことでDAWはより快適に動くのです。

64bit OSにインストールする64bit DAW

この三つの中では最強で、64bitのDAWは事実上無制限のメモリを認識することができます。ですから、パソコンにメモリを積めば積むほど、DAWは快適に動くようになるのです。

まとめ

これからトラックメイキングを始める人ならば、メモリの心配をしなくて良いように、64bit OSを導入して64bit DAWを導入した方が確実に良いです。私も64bitに環境を完全移行して、快適に音楽制作ができています。

64bit非対応のプラグイン(ソフトウェアの機能を追加するための小さなプログラムのこと)を多数持っている方はなかなか64bit DAWへの移行は遅れてしまうとは思いますが、なるべく早い段階で64bitの環境に(ある意味で強制的に)移行していくことをおすすめします。

今からトラックメイキングを始める人は迷わずに64bitのDAWを選択しましょう。