音楽理論をいままでに習ったことがない、もしくは楽器が全く弾けないのなら、まずはサンプリングでトラックメイキングを始めることをおすすめします。

打ち込みで音楽を制作する場合、0から1を作り上げるためにある程度音楽理論を理解する必要があります。

しかしサンプリングだと音楽理論があまり詳しくなくても、うまく組み合わせられるループを探し出すことができれば素晴らしい楽曲を作成することが可能です。

ヒップホップやR&Bの制作に興味がある人は、「音楽理論があまり分からないけれどとりあえずサンプラーを買ってみた」という人が多いのも事実です。

サンプリングで作るトラックメイキングにルールはない

サンプリングで曲を作るには良いフレーズを聞き分ける耳とセンスさえあれば良いのです。

ネタを探すときは有名なヒット曲からでも誰も知らないマイナーな音楽から取ってきても良いのです。ドラムのネタはこの曲から、上ネタ(メロディ)は別の曲から取るっていうのも全然ありです。

音楽理論があまり必要ないとは言っても、ミキシングやマスタリング(エンジニアリングとも言う)の技術を勉強していくことは必要です。当サイトではミキシング・マスタリングに関する情報も配信しているので、併せて読んでみてください。