イコライザーは特定の周波数の音を削ったり、増幅したりするエフェクトです。

英語でEqualizerなので、最初の二文字をとって「EQ」とも呼ばれます。

イコライザーは何ができるの?

高音がキンキンするなと想ったら高音域を削ったり、ベースが響くなって思ったら低音域を削ったり、そういう使い方をします。

イコライザーは多くのソフトウェアに搭載されているため、最も多様されているエフェクトのひとつだと思います。

正しい使い方を知るためにも、どういう種類があるのか、またどういうパラメーターがあるのかを勉強していきましょう。

イコライザーの種類

イコライザーには大きく分けて3つの種類があります。
それは、下記の三つです。

  • グラフィックイコライザー
  • パラメトリックイコライザー
  • DJ用イコライザー

グラフィックイコライザー

グラフィックイコライザーは最初から調節できる周波数が決まっているイコライザーのことを指します。

パラメトリックイコライザー

パラメトリックイコライザーは自由に調節できる周波数を変化させることができます。

DJ用イコライザー

グラフィックイコライザーやパラメトリックイコライザーの両方の特性を持ったDJ用イコライザーも存在します。

イコライザー用語

イコライザーを使うときには専門用語をよく使うことになるので、下記の用語だけでも覚えましょう。

音域の用語

Low(ロー)

低音域という意味です。Bass(ベース)という言い方もあります。

Mid(ミッド)

中音域という意味です。

High(ハイ)

高音域という意味です。Treble(トレブル)という言い方もあります。

そして次に、イコライザーの設定を表す4つの用語を覚えてください。

設定の用語

Gain(ゲイン)

音量のことを指します。

Cut(カット)

Gainを下げることを指します。

Boost(ブースト)

Gainを上げることを指します。

Frequency(フリークエンシー)

周波数のことです。

Q(キュー)

音量をCutしたりBoostするときの山の角度

イコライザータイプについて

Hi Pass Filter(ハイパスフィルター)

ハイを通すフィルター、つまり設定した値より上の周波数のみを通すフィルターです。

Low Pass Filter(ローパスフィルター)

ローを通すフィルター、つまり設定した値より下の周波数のみを通すフィルターです。

Bell Curve(ベルカーブ)

特定の周波数をBoost、またはCutするフィルターのことです。鐘のような形になることからベルカーブと呼ばれます。

High Shelf(ハイシェルフ)

指定した周波数より高い周波数をBoost、またはCutするフィルター

Low Shelf(ローシェルフ)

指定した周波数より低い周波数をBoost、またはCutするフィルター

パラメーターについて

Cutoff(カットオフ)

カットする周波数を決めるパラメーター。上記のハイパスフィルターやローパスフィルターなどで設定する周波数の閾値(しきい値)のこと。

Resonance(レゾナンス)

カットオフ周波数付近を持ち上げることで特異な音色に変化させる効果のことを指します。

まとめ:イコライザー使うときはシンプルに考えよう

多くの人はイコライザーを使うとき、めちゃくちゃな設定になりがちです。

EQを使うときは、あまり色々といじくりまわさないで、シンプルに使いましょう。

また、足し算より引き算で考えた方が良いです。

つまり、ブーストを主にやるのではなく、カットを主にやっていくのです。

イメージ的に言えば、丸太を削って彫刻を作る職人のように、大きなものを削って小さくて繊細な物を作り出す感じを想像してみてください。

そんな感じで使っていけると良い感じです。